現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

商品カテゴリ

    中古を買う前のよくあるQ&A

    Q:Windows7のHome Premiumと、Professionalでは、何が違うのですか?
    Windows7には複数のバージョンが存在し、
    セカンドノート・コムでは、その中でも一般的な、[Home Premium]と、[Professional]を取り扱っています。

    両者を比べると、[Professional]の方が[Home Premium]よりも機能は良いですが、
    価格はお高くなります。
    機能 Windows7
    Home Premium
    Windows7
    Professional
    最大物理メモリ容量
    32bit版
    4GB 4GB
    最大物理メモリ容量
    64bit版
    16GB 192GB
    ネットワーク
    バックアップ
    非対応 対応
    WindowsXP モード 非対応 対応
    ※この他にも、細かな機能の違いがあります。
    パソコン初心者の方や、メールやネット検索、閲覧を中心にパソコンの利用を考えている方には、Home Premiumがお勧めです。
    WindowsXPでしか使用できないアプリケーションを利用する場合は、XPモードが使用できるProfessionalがお勧めですが、
    アプリケーションによってはXPモードが有効ではない場合もございますので、ご注意ください。

    Q:32bit版と、64bit版では、何が違うのですか?
    32bitと、64bitという数値は、コンピューターが情報を計算する方法の名称です。
    64bit版の方が、32bit版に比べて効率よく計算できます。

    そのほかに、大きな特徴として、使用できるメモリの最大値が異なります。
    Windows7 32bit版が、最大で4GBまでのメモリを認識できることに対して、
    Windows7 64bit版は、最大で192GBまでのメモリを認識できます。

    また、アプリケーションについて、
    32bit版では、64bit版用のアプリケーションが使用できません。
    対して、64bit版では、32bit版用のアプリケーションの多くが使用できます(セキュリティ対策プログラムは例外)。

    ご利用中のアプリケーションが、32bit版、64bit版で実際に使用できるかについては、
    アプリケーションの製造元へお尋ねください。

    Q:パソコン終了時に多くの更新がされ、電源を切れないことがある
    パソコンを終了するときに、以下のように表示されることがあります。

    コンピューターの電源を切らないでください。
    更新プログラムをインストール中(●●個中 ●●個目)

    これは、お使いのパソコンのプログラムを常に最新の状態に保つために、
    インターネットを介して自動でダウンロードされた更新プログラムをインストールしている場合に表示されます。

    パソコンを長くお使いいただくためにとても大切なものになります。
    インストールには長いもので数時間かかる場合もありますので、インストール終了までお待ちいただけますようお願いします。
    ※なかなか更新が終わらないからといって、無理矢理電源を切ってはいけません。

    Q:Windows7のライセンス認証をしたい
    手順1
    [スタート]ボタンをクリックし、[コンピューター]をクリックします。
    [システムのプロパティ]をクリックします。

    手順2
    最下部までスクロールし、[Windowsライセンス認証]の項目にある[ライセンス認証を行う必要があります]をクリックします。

    ■インターネットを利用した認証
    手順3
    [Windowsのライセンス認証を今すぐオンラインで行う]をクリックします。
    プロダクトキー入力部分に、パソコン本体裏側に貼り付けられたWindows7シール内の英数字25桁のプロダクトキーを入力します。 終わりましたら、[次へ]をクリックします。
    指示に従い、ライセンス認証を完了します。

    ■電話を利用した認証
    手順3
    [ライセンス認証の手続きを行うその他の方法を表示します] をクリックし、
    Windows 7 プロダクト キーを入力し、[次へ] をクリックします。

    手順4
    [自動電話システムを使用します] をクリックします。
    管理者のパスワードまたは確認を求められた場合は、パスワードを入力するか、確認情報を提供します。

    手順5
    ドロップダウン リストから最も近い場所をクリックし、[次へ] をクリックします。
    一覧に表示された電話番号の 1 つに電話をかけます。 自動電話システムにより、ライセンス認証プロセスを順にご案内します。

    手順6
    メッセージが聞こえたら、画面のリストに示されたインストールIDを電話のキーパッドから入力します。

    手順7
    電話システムが示した確認 ID を書き留めます。

    手順8
    ライセンス認証のステップ 3 で示されたスペースに確認 ID を入力し、[次へ] をクリックして指示に従います。

    手順9
    ライセンス認証が成功しない場合は、電話をつないだままにして、サポート可能なカスタマー サービスの担当者に転送されるのをお待ちください。

    Q:メールソフトは入っていますか?
    取り扱っていますパソコンには、メールソフトがまったく入っていないものと、
    Windows Live メールがあらかじめインストールされているものがあります。

    メールソフトが入っていない場合には、
    Windows Live メールなど、お好きなメールソフトをインストールしてください。

    Q:WindowsXPのライセンス認証をしたい
    手順1
    [スタート] ボタンをクリックし、
    [すべてのプログラム]、[アクセサリ]、[システム ツール] の順に選び、
    [Windows のライセンス認証] をクリックします。

    または、 通知領域の Windows のライセンス認証アイコンをクリックします。

    ■インターネットを利用した認証
    手順2
    [はい、今すぐインターネット経由でライセンス認証の手続きを行います] をクリックし、指示に従い先へ進みます。
    ライセンス認証ウィザードがライセンス認証サーバーとの接続を確立し、
    ライセンス認証の手続きを実行します。

    ■電話を利用した認証
    手順2
    [はい、ライセンス認証専用窓口に電話してライセンス認証の手続きを行います] をクリックし、指示に従い先へ進みます。

    手順3
    [電話で Windows のライセンス認証の手続きを行う] ダイアログ ボックスに表示された手順に従い、[次へ] をクリックします。

    Q:WindowsXPはサポート終了で使えなくなるのですか?
    2014 年4月9日をもって、Windows XPのサポートが終了となりました。
    これにより、Windows Update からソフトウェアの更新プログラムを受け取ることができなくなりますが、
    WindowsXPが使えなくなるわけではありません。

    しかし、もちろんデメリットは数多くあります。



    対応するソフトへの影響
    Windows7以降のOSが基準になってゆくため、
    WindowsXPでは動作しないものがこれから増えてゆくことが考えられます。


    悪意のあるウイルスなどの脅威の影響
    ウイルスセキュリティソフトを使っているから100%安全というわけではありません。
    WindowsXP発売当時(2001年)と比較すると、セキュリティ上の脅威は飛躍的に高度化しています。
    セキュリティソフトのみで対応することは困難と考えられます。



    セカンドノート・コムでは、Windows7搭載のPCを低価格で提供しております。

    もし、WindowsXP以前のパソコンをお使いで、Windows7をご検討でしたら、
    こちらから低価格のWindow7搭載パソコンをご覧いただけますので、ぜひご活用ください。


    Q:エクセル、ワードは付属しますか?
    Windows7搭載のパソコンをお買い上げの場合、Kingsoft Officeソフト(試用期限付き 表計算、文書作成、プレゼンテーション)が標準インストールされています。Microsoft Officeのような操作でご利用できます。


    Q:CD、DVDドライブなどの表記についてよくわかりません
    CDの読み込み、書き込み。DVDの読み込み、書き込みなどの性能によって、ドライブの表記が異なります。

    名称 CD読み込み CD書き込み DVD読み込み DVD書き込み
    CD-ROM 対応 不可 不可 不可
    DVD-ROM 対応 不可 対応 不可
    DVD-COMBO(コンボ) 対応 対応 対応 不可
    DVD-MULTI(マルチ) 対応 対応 対応 対応

    Q:CPU、メモリ、HDDとは何ですか?
    CPU CPUは、コンピュータの頭脳です。CPUの性能が良ければ、処理が早くなり、悪ければそれだけ遅くなります。
    メモリ メモリは、例えるならば、机の広さです。机が広ければたくさんの処理を一度に行えます。どれだけ性能の良いCPUでも、机が狭ければできる処理も限られてしまいます。
    HDD HDD(ハードデスクドライブ)は、データを記憶する場所です。容量が大きければ大きいほど、たくさんのデータを保管することができます。


    Q:システムが壊れてデータが消えてしまった場合は、保証はききますか?
    データに関しては一切の保証はございません。
    リカバリーディスクをご利用頂きましたら、初期出荷時の状態に戻すことが可能です。(機種により、CDやDVDでのリカバリーを行う必要があります)


    Q:液晶のドット抜けの無いものを指定できますか?
    液晶ドット抜けの保証は、オプションとなっております。


    Q:領収証は発行できますか?
    はい、可能です。
    ご注文時に、備考欄や、メール等で領収証発行希望とご連絡いただけましたら、
    領収証を発行させていただいております。
    ※お振込み決済の場合は、ATM等で発行される振込み明細が正規の領収証として税務署に認められております。 ※代引きやクレジット決済の場合は、受領時にもらえる控えが領収証扱いになります。

    なお、当社で発行する領収証で、クレジット決済での受領証書には、
    印紙税が課税されませんので、5万円を超えても収入印紙の添付はされません。
    ※印紙が無くても正当な受領証書として、税務署で認められます。

    お振込み決済や、代引き決済の領収証の再発行をご希望される場合、
    5万円を超える際は、領収証1枚につき印紙代200円をお振込み頂くか、
    印紙をお送り頂く事により発行させていただきます。


    Q:下取りしてほしいパソコンがあるのですが
    機種と、付属品、状態がわかれば査定可能です。


    Q:4GB分のメモリを使いたいが、正常に認識されません
    32bitのOSでは、4GB分のメモリを搭載しても正常に認識されません。
    実際には3GB弱の認識となり、4GBを丸々使いこなすことはできません。